スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーそのものについて考えさせられた決勝戦

とうとうワールドカップ終わってしまいました;
あしたから観たいテレビないよぉ?…けいおん!!だけが生きがいです。
3位決定戦はモノスゴいゴール合戦でもりあがったみたいですが…
(スカパーやめちゃったので観れないんですよコレが)
う?ん…決勝は…(以下ネタバレ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結論からもうしますと、私的な感想ですが「しょっぱい試合」の部類ですね。
そう、スーパーストロングマシンさんの「しょっぱい試合でスミマセン」ってアレです。
何がしょっぱいのかというと…まず、ファウルの多さです。
というかスペインの選手も倒れそうにないチェックでも倒れてたシーンも
見受けられましたね(実際オランダはかなり厳しくいってましたが)。
その中でもかなり悪質なチェックを受けていたオランダのロッベンさんは
賞賛に値します。なにしろ倒れないんですから(レフェリーにキレたのはアレですが)。
でもレフェリーのウェブさんはファウルとってくれなかった…
やはりこういうところもスペインのほうが一枚上手だったんでしょうか。
それからオランダのデヨングさん…あれはひどいです。
 
あそこも本来レッドカードなのでしょうがウェブさんはレッドカード出さなかった。
試合が壊れてしまうことを懸念しての判断だとおもいました。
ラグビーであればシンビン(時間制限つきの退場です)になるところなのですが。
シンビンというのは復活できるので試合をぶっ壊すという危険性が軽減されるのです。
ラグビーはいまだにルールを大胆に変更する競技ですね。
アソシエーションフットボール(サッカー)もラグビーフットボールに見習うべき
ところがたくさんあるような気がしたのです。ルール改正とか…
サッカーのルールも進化しなければならないと思った次第です。
今大会は誤審騒ぎも多かったですし、ビデオレフェリーの導入は必須でしょう
(ビデオを入れると試合の流動性が妨げられるという意見もありますが
痛くもないのに寝てる選手に割く時間があれば当然導入するべきでしょう)。
 
それから…スペインの華麗なパスサッカー?
あれが華麗なのかな?わたしが見る目がないのかな?
ただボールを失わないっていうだけの様な気がしました。
EURO2008の時はホントに華麗なサッカーやってましたけど…
(フェルナンドトーレス選手がすばらしかったってのもあったんですけど)
そのトーレスさん…今大会では別人のようなキレのなさ。
かわりと言ってはなんですが、ビジャ選手がよかったですね。今大会は。
ただし、チームのスキルは上がっても試合の内容が2年前より下がってしまったかな?
今大会もっとも楽しませてくれたチームはドイツでした。
ゴールを奪うというサッカー本来の目的に向かってプレイしていたと思うんです。
(スペイン戦ではナゾの戦術でトーンダウンしてしまったんですが)
スペインは…そういう点ではあまり面白いサッカーをしていたとは思えないのです。
 
今大会はいままでの大会の中で1試合平均のゴール数が最低だったそうです。
↑ 訂正!二番目に低い大会だそうです。
たしかに上述のドイツ以外にサープライズ!と思わせるチームがなかったような…
(南米勢のチリやパラグアイ、ウルグアイは楽しませてくれましたが)
なんだかサッカーそのものが後退していってしまってるのかな?
本来得点を取り合う競技が「得点を取らせない競技」の方向に向かってるような…
EURO2000のようなゴールラッシュのエキサイティングな大会がもう一度みたい!
新しい時代のサッカーがもっとスリリングな試合を量産してくれることを願って…
 
でわ、作業にもどります。あ、いや、なに作ってるかはナイショですよ?。
 

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ほわっぢ

Author:ほわっぢ
あまりにも広告ウザいので
いんちき広告をつくってみました!
クリックできませんですからね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。